聖ドミニコ市


グダニスクに着くと、

何やら広場に出店がたくさん。

何かと思っていたら、

f:id:MAkeYoUrlifeunique:20200805161049j:image

 

クリスマスマーケットの時のようなゲートだけど、名前違うし柄もなんか違う。

JARMARK ŚW. DOMINIKA (聖ドミニコ市) いうフェアだそうです。

 

聖ドミニコ

グダニスクで、1260年から!

ここでは、買い物をし、掘り出し物を見つけ、宝物を探し、記念写真用の美しい額を見つけます。様々な言語が辺りに聞こえ、伝統と慣習が混ざり合います。とても生き生きとしてカラフルで、あちらこちらで何かが起きています。ここが世界に知れた、聖ドミニコ

760 Jarmark św. Dominika | O jarmarku

 

f:id:MAkeYoUrlifeunique:20200805163952j:image

↑こちらがロゴ。今年で760年目。

f:id:MAkeYoUrlifeunique:20200805162847j:image
f:id:MAkeYoUrlifeunique:20200805162820j:image
f:id:MAkeYoUrlifeunique:20200805162830j:image

 

こんな感じで、可愛いインテリアからパンやソーセージなどの食料品、食べ物屋台、フリーマーケットまで、いろんなお店が軒を連ねています😆

クッションが並べられた公園の真ん中では、小さなステージで本の朗読も行われていました。

 

 

昨夏はグダニスクに来たのがもう少し遅かったので、このお祭りを知ったのは初めて。

クリスマスマーケットやオクトーバーフェストと並び、ヨーロッパ最大の屋外市場イベントの一つだそうです。

 

 

聖ドミニコ市について

1260年に始まった聖ドミニコ市は、その後数世紀にわたり毎年開催し、重要な祝日に。

教皇アレクサンドル4世が、ドミニコ会の修道士たちに、修道会の創設者・聖ドミニコの日だけ1日の耽溺を許し、様々な国の特産品などが持ち寄られたのが始まりだそう。

第二次世界大戦中は開催が中断されたものの、1972年に復活。その時に、雄鶏がシンボルとなったとのこと。

f:id:MAkeYoUrlifeunique:20200806001451p:image
↑シンボルの雄鶏のパレード

 

今では約3週間の開催。

2020年の開催は、7月25日〜8月16日です。