劇場随時再開!👏


2週間強の在宅勤務を経て、スタジオの使用再開が認められました!😭✨

 

といっても、少人数グループで各グループ1時間のみの自習ですが…

それでもスタジオを使えるのは嬉しい限りです😊

各々自習の日もありますが、同じグループの先輩ダンサーがクラスをして下さったりもして、

やはり、広いスタジオだと狭さとか気にせずに踊りに集中できるので、身体も動かしやすい!

(狭いからどうだこうだ…というのは言い訳でもありますが…。😅)

 

このまま少しずつクラスレッスンやリハーサルも再開できればいいなと思います。

ただ、ポーランド国内の状況は悪いままなので、どうなるかという感じですね。😥


今のところ、公演は10月いっぱいキャンセル、

11月にオペラ演目から再開予定です。

11月頭に初演予定の新作《フィデリオ》が無事上演されることを願います。

私たちバレエの公演は、12月11日《くるみ割り人形》が直近になりました。

刻々と状況が変わる中、どうなるかわかりませんが、とりあえずリハーサルを始めて準備は整えておくようです。

 

とにかく何か取り組むことがあるだけでも、随分気持ちが違います👍🔥

状況下で出来ることをやっていきたいと思います!

またまたZostań w Domu...


お久しぶりです。

前回、今シーズンのバレエ団の予定をお知らせしてから、かなり間が空いてしまいましたが、とても充実した毎日を送っていました😊✨

 

9月頭の『ラテンアメリカの夜』に向けてのリハーサル、そして本番を終え、

(↑また公演についても書きたいと思います)

10月公演『真夏の夜の夢』に向けてのリハーサルも仕上げにかかっていました。

 

…が、しかし、ここに来てまさかの事態に。

 

ポーランドでのコロナ感染者数が急増。

また、グダニスクがコロナ警戒黄色ゾーンに入ることが決まり、政府からの規制措置の対象ではありませんが、

事態の悪化で昨春のようなことを招かぬよう、劇場ディレクターの判断で、今後2週間に予定された公演の中止が決まりました😭😭😭

そして、数日間は在宅ワークになりました。

(表題 Zostań w Domuポーランド語で Stay Home という意味です)

ということで、バレエ団でzoomクラスをしています。

前回の自宅待機期間ではトレーニングは各自に任されていたので、こうして団員みんなと一緒にクラスを受けて顔を見られるのは、モチベーションにもなり、嬉しいです。

 

ただ、やはり家でできることは限られており…

在宅ワークが延長されないことを願います😣🙏

 

9月に公演を出来ていたのが、またこうして中止になってしまうのはとても残念です。

特に『真夏の夜の夢』は、2度目の上演なので、前回よりもより良いものを、と準備していました。それを披露できないとは。😢

 

 

国によっても、公演をできているところもあれば、今回の私たちのように準備していてもキャンセルになったりしているところもあり。。。

なかなか、まだ不安定な状況ではありますが、

 

次の公演は無事上演できることを願って、今はできることをするしかないですね。

 

せっかく増えた時間、有意義に使って過ごせるよう努めます!✊

バルティック・オペラ 2020/2021シーズン 公演予定

 

先週から2020/2021シーズンが始まりました。早速レッスンとリハーサルに励んでいる毎日です。

ということで今日は、今シーズンの公演予定を書きたいと思います!

ちなみに、今のところ2020年12月までの分しか公演予定は出ていません。

恐らくコロナの状況を見て、1月〜6月分まではまた決定されるのかな、と思います。

 

では早速、今シーズンの公演予定!!

(太赤字がバレエ公演です。)

↓↓↓

8/21,22  『タイムマシーン』(新作)

8/27〜30  『セビリアの理髪師

9/4〜6,8   『ラテンアメリカの夜』

10/3,4    『フィデリオ』(新作)

10/9〜11  『真夏の夜の夢

10/17,18『ドン・ブッツェファロ』

10/20       『波の火曜日』

10/24,25『フィデリオ

11/3          『波の火曜日』

11/6〜8     『タイス』

11/20〜22 『放蕩息子、ジュディス、春の祭典』(新作)

11/28,29 『真珠採り』

12/5〜6,9〜13『くるみ割り人形

12/15 『波の火曜日』

12/17〜20 『くるみ割り人形

12/31 『ジルベスター・コンサート』

 

ということで、今、ダンサーは基本9月『ラテンアメリカの夜』に向けてのリハーサルを行い、数人のダンサーはオペラ『セビリアの理髪師』にも出演するため、そのリハーサルもしています。

 

昨年は、一つ目のバレエ公演が10月だったので、夏休み明けはのんびり始まりましたが、今年はいきなりギアかかってます。😂😂😂

でも充実していて楽しいです😆😆😆

 

ラテンアメリカの夜』や『真夏の夜の夢』に向けてのリハーサル期間はたっぷりとは言えずともある程度あるのだけれど、恐ろしいのはそのあと。(笑)

大体、新作をする場合は、本番の2ヶ月前あたりに振付家が来ます。振り写しから細かい踊り方の指導まで、新作を準備する過程はかなり時間がかかるもので。(←昨シーズン『真夏の夜の夢』で経験済み)

その本番を11月下旬に終えたら、2週間後に『くるみ割り人形』?!?!🤯🤯🤯🤯🤯

くるみ割り人形』は、ここのレパートリーの中でも配役の種類が多く、かなり大変なもののはず。。。

しかも今年からバレエ団に入ったメンバーもいるから、みんなが振り付けを知っているわけでもないし。。。

新作と並行してリハーサルするのだろうか…。

 

そして、『くるみ割り人形』が終わったおよそ10日後には、『ジルベスター・コンサート』で5つのバレエプログラム。『くるみ割り人形』と並行してリハーサルするとの話です。(汗)

 

なんかものすごく忙しい年末になりそう😱😱😱

とてもワクワクしますが、果たしてどうなるのやら🤭🤭🤭

 

一先ず今は、直近の公演に向けて精一杯取り組みたいと思います✊✊✊

 

ではまた近況報告します、今日はこの辺で👋

新居!

 

前住んでた部屋が6月までの契約だったので、昨シーズンの終わり、契約終了とともに引き払っていました。

 

で、こちらに帰ってきてすぐに家探し。(汗)

まあこれが大変なのですが、時期的に入れ替えのタイミングではあるので、なんとか1週間で見つけることができました。

 

家探しの間は、短期滞在用アパート(普通のアパートをホテルみたいに貸し出してるところ)を借りていたので、なかなか出費が。。

早く見つけられてよかったです。😅

私は

Booking.com | Official site | The best hotels & accommodations

でいつも探していますが、

Vacation Rentals, Homes, Experiences & Places - Airbnb

も主流ですね。

booking.com に慣れているのでなかなか Airbnbに手が出ませんが、どっちの方がお得なのか。🤔💭

今度Airbnbも試してみようかな。

 

以前よりかなり家賃は高くなってしまいましたが、自分専用のバスルーム、部屋に小さなキッチン台やテレビもあります。

コンロやオーブン、調理器具、洗濯機だけ共用キッチンです。

自分のが欲しくなれば、また買って部屋に置けば良いし、様子見ながら生活スタイル作っていきたいと思います。👍

 

今シーズンは、自炊のレパートリー、特に日本食を増やすのが目標!

ということで、早速いろいろと調味料に食材に、調達しました。

 

醤油、みりん、味噌、胡麻油、わかめ、海苔、キムチ、、、などなど、高いので一度だけ行って敬遠してた輸入食品店にひっさしぶりに行ってみたら、驚くほど日本の食材や調味料が置いてあって🤭😳🤭😳

 

いろいろ買ってしまいました!😆

料理するのが楽しみです~

 

 

バレエに、私生活に、沢山楽しんで充実させていきます👌👌👌

年末帰国無し決定。(T . T)

 

年末日本帰りたいなぁ〜なんていう望みを胸にグダニスクに戻ってきて、

初出勤を終えました。

 

で、出勤初日早々に望みが打ち砕かれた。(笑)

 

今年は大晦日コンサートにバレエも入るそうで、12/31舞台。😂

帰国する暇なんて無くなりました。😂😂😂

 

でも大晦日コンサートは昨シーズンバレエが無く、私は今回が初めての経験。

しかも5本もプログラムがあるらしく、とても楽しみでワクワクします😆🥳🤩

今年は年末まで一層忙しくなりそうだ🤭🤗😁

(↑結局嬉しいやつ。(笑))

 

てなことで、次の帰国は夏になるかな。。。

長いな。(笑)

 

みなさん、また電話でもしましょう🤙

というかして欲しい、寂しいので。(笑)(汗)

 

バレエ団1週目は、早速8月のオペラ公演と9月頭のバレエ公演に向けてのリハーサルが始まっています。

私はバレエ公演で2演目出演します。

そのうち片方は舞台で踊れるのは初めてで、とてもかっこいい作品なので、とても楽しみです🤩🤩🤩

 

精一杯がんばります!!✊✊✊✊✊

聖ドミニコ市


グダニスクに着くと、

何やら広場に出店がたくさん。

何かと思っていたら、

f:id:MAkeYoUrlifeunique:20200805161049j:image

 

クリスマスマーケットの時のようなゲートだけど、名前違うし柄もなんか違う。

JARMARK ŚW. DOMINIKA (聖ドミニコ市) いうフェアだそうです。

 

聖ドミニコ

グダニスクで、1260年から!

ここでは、買い物をし、掘り出し物を見つけ、宝物を探し、記念写真用の美しい額を見つけます。様々な言語が辺りに聞こえ、伝統と慣習が混ざり合います。とても生き生きとしてカラフルで、あちらこちらで何かが起きています。ここが世界に知れた、聖ドミニコ

760 Jarmark św. Dominika | O jarmarku

 

f:id:MAkeYoUrlifeunique:20200805163952j:image

↑こちらがロゴ。今年で760年目。

f:id:MAkeYoUrlifeunique:20200805162847j:image
f:id:MAkeYoUrlifeunique:20200805162820j:image
f:id:MAkeYoUrlifeunique:20200805162830j:image

 

こんな感じで、可愛いインテリアからパンやソーセージなどの食料品、食べ物屋台、フリーマーケットまで、いろんなお店が軒を連ねています😆

クッションが並べられた公園の真ん中では、小さなステージで本の朗読も行われていました。

 

 

昨夏はグダニスクに来たのがもう少し遅かったので、このお祭りを知ったのは初めて。

クリスマスマーケットやオクトーバーフェストと並び、ヨーロッパ最大の屋外市場イベントの一つだそうです。

 

 

聖ドミニコ市について

1260年に始まった聖ドミニコ市は、その後数世紀にわたり毎年開催し、重要な祝日に。

教皇アレクサンドル4世が、ドミニコ会の修道士たちに、修道会の創設者・聖ドミニコの日だけ1日の耽溺を許し、様々な国の特産品などが持ち寄られたのが始まりだそう。

第二次世界大戦中は開催が中断されたものの、1972年に復活。その時に、雄鶏がシンボルとなったとのこと。

f:id:MAkeYoUrlifeunique:20200806001451p:image
↑シンボルの雄鶏のパレード

 

今では約3週間の開催。

2020年の開催は、7月25日〜8月16日です。

再びポーランド・グダニスクへ✈️🚌

 

夏休みもあと少しというところで、

ポーランドグダニスクに戻りました。


f:id:MAkeYoUrlifeunique:20200804040512j:image
f:id:MAkeYoUrlifeunique:20200804040523j:image
f:id:MAkeYoUrlifeunique:20200804040517j:image
(2,3枚目なんて、コロナは終わったみたいな様子💦)

 

本当は新シーズン開始ギリギリに帰りたかったのですが、コロナの影響もどう変わるか分からないので、余裕を持って帰りました。

(バレエ団から余裕を持って帰るように言われました。(笑))

 

で、その旅程がまたまたハード。(笑)(汗)

 

関空アムステルダム フライト12時間

トランジット 5時間弱

アムステルダム→ベルリン フライト1時間強

その後11時間ほど時間を潰し

ベルリン→グダニスク 夜行バス9時間半

 

で、1日半強かけて着きました

。。。さすがに疲れた。(笑)

よく耐えたよ、私。

 

ただ幸運にも、

関空アムステルダムの便はガラガラで3席を1人で使えたので、横になって寝ることができたし

 

夜行バスも満員ではなく2席使うことができたので、まだラクでした😊👍

 

もうやりたくないですが。(笑)

 

何故こんな旅程になったかというと、日本に帰る時はまだ国際線の運航が少なく、往復券を買ったので帰りも同じルートで帰らなければならなかったのです💦

 

今はポーランドも国際線の就航が始まったので、アムステルダムからポーランド行きに変えられないかな?と航空会社に問い合わせたところ、

最終目的地は同じ国の中でしか変えられないとのことで。😣

ドイツ国内の他空港にしか変えられない。それなら元のルートがベストって事で変更しませんでした。

 

シーズン開始までに日にちがあってよかったです😅



グダニスクに降り立った時は、

アムステルダムやベルリンに着いた時と違って

知ってる街の景色や香りにホッとして。

第二のホームになりつつあるのだろうか。😆💭

 

ではでは、あと少しの夏休み、楽しみたいと思います✨🍨